Newsお知らせ

【新機能リリース】介護記録AIアプリ「CareWiz 話すと記録」に「インカム機能」が登場!

2021年9月15日

このたび追加された「インカム機能」は、スマホ画面を操作することなく
音声のみでスタッフ間で連絡をとることができる機能です。

メッセージ内容を発話するだけで音声データをスタッフ間で自動送信できるため、
介助中に手がふさがっている状態でもインカム等ICT機器としてアプリを利用することができます。
これにより、介護記録の自動化からスタッフ間の音声連絡・情報共有まで、1つのアプリで介護現場のさまざまな業務負担軽減を実現します。

詳細は下記問い合わせページ、または営業担当もしくはサービスクリエイト部 ツナぐ課
(054-202-0300)までお問合せください。
お問い合わせ:https://www.carekarte.jp/contact/

※「CareWiz 話すと記録」のよくあるご質問は、こちらのバナーよりご確認ください。

 

今後ともご愛顧賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

 

【CareWiz 話すと記録 概要】   
・アプリ名称:CareWiz 話すと記録(ケアウィズ はなすときろく)

発話するだけで、AIが介護記録に関連する言葉だけを読み取り記録化
介護サービス事業所・施設のご利用者名と介助の内容を声に出して発話するだけで、
AIが介護記録に関連する言葉だけを読み取り記録化します。

介護スタッフ間でアプリを見るだけで、介護を必要としている方々がどれくらい食事や水分を取ったか、
どのような様子だったかを簡単に確認することができます。

・対応OS:iPhone(iOS14.0以上のみ)アプリのご利用には事前登録が必要です。
お問い合わせフォームよりご連絡ください。

・開発・提供:株式会社エクサウィザーズ
・ウェブサイト:https://carewiz.ai/hanasuto
・お問い合わせ:https://carewiz.ai/hanasuto/contact
※CareWizはエクサウィザーズ社の製品です。

 

【株式会社エクサウィザーズについて】
「AIを用いた社会課題解決を通じて、幸せな社会を実現する」というミッションのもと、企業の各部門や全社課題の解決にAIを利活用して取り組みながら、個社の課題から見つけた業界課題や社会全体の課題を解決するために、介護・医療・HR・ロボット・金融・カメラなどさまざまな領域でAIプロダクトの開発と実用化に取り組む。
メンバーにはAIエンジニアをはじめ、ソフトウェアやハードウェアのエンジニア、戦略コンサルタント、UI/UXデザイナー、介護などのドメイン専門家、研究者、政策の専門家など分野横断的な人材が在籍。
超高齢社会を迎えている日本において、各領域の現場ニーズと課題を徹底的に理解しながら事業を展開。
・ウェブサイト:https://exawizards.com/