CAREKARTEは
さまざまなICT機器とつながり
現場の記録からプラン・請求まで
介護事業所の運営をトータルにサポート。
介護を必要としている方々と
「向き合う時間」を
さらに増やすことを目指します。

CARE CONNECT JAPAN

\ 令和3年4月より / 科学的介護 LIFE に完全対応

「LIFE加算を取り始めたいけど、何から始めればいいの?」
「加算を取り始めたけど、入力の手間ばかり増えて…」
CAREKARTEは
そんな介護事業者の皆様の

LIFEに対する不安を解消できる サービスです。

LIFE側での事前準備や出力後の取り込み手順もサポート!よくある質問やFAQも充実しているから安心。

各サービスごとに必要なLIFE帳票は全て網羅。帳票間で同じ内容は自動転記できるから、手間も省略。

出力時にはエラーチェック。エラーになった項目は簡単に修正できます。

こんなお悩み
ありませんか
?

  • 記録作業で、現場職員の残業時間が多い
  • 同じ内容なのに、何度も転記するのは面倒!
  • 施設の運用に合わせたシステムがほしい
  • ナースコールやベッドセンサーと連携させたい
  • 今のシステムは、サポートにかけても全然繋がらない
  • 制度改正にちゃんと対応しているソフトはないかなぁ

CARE KARTE

そんなお悩みを解決する介護ソフトです

モバイルは簡単なタッチ操作で記録入力!

入力した記録を送信すると、すぐに全員に共有されます。記録を元に自動でチェックシートや温度板、連絡ノートを作成できるから記録残業時間は「0」に!

帳票間での自動転記が可能!

帳票間で何度も同じ内容を転記する必要はもうありません! 面倒な転記作業はCAREKARTEが行います。

オリジナル帳票をシステムに組み込むことが可能!

施設オリジナルの帳票や一覧をシステムに組み込めるため、施設の運用や記録方針に合わせた入力画面を構築することができます。

多種多様なICT機器と連携して一元管理が可能!

ナースコールやベッドセンサー、見守り機器など多種多様なICT機器と連携。利用者さんのケース記録としてCAREKARTEで一元管理することができます。

万全の体制でお客様をサポートします!

弊社では必ず受付してからご連絡までの目安をお伝えするので、対応までの時間、お客様の時間を拘束しません。請求週の休日もサポート対応しているから安心です。

制度改正に完全対応!

制度改正には介護保険、総合支援ともに必ず対応。改正にかかるバージョンアップ費用はいただきません。

carekarte

さまざまな機能

基本機能

利用者の基本情報から利用予定、プラン作成だけでなく日々の記録まで一元管理。
温度板やチェックシート、連絡ノートを自動で作成します。

  • CARE KARTE
  • 利用者情報管理
  • スケジュール管理
  • 日常記録管理
  • 個人記録管理
  • リスクマネジメント
  • ケアプラン管理
  • LIFE情報管理

モバイル

現場での記録入力に特化した画面設計で、誰でも簡単に記録入力。
送信した記録はすぐに一元管理されるので、職員同士の情報共有もスムーズ!

  • CARE KARTE Mobile
  • 写真
  • 動画
  • 多言語対応

請求システム

現場の利用実績から請求データを自動で作成。
請求金額の集計や入金額の集計も可能!

  • CARE KARTE Reco
  • 国保請求
  • 個人請求
  • ファーム バンキング
  • 入金管理

外部連携

様々なICT機器とつながるための汎用的な仕組み。
今後も多くの機器と連携していきます。

  • CARE KARTE
  • AI×音声入力アプリ
  • ナースコール連携
  • ベッドセンサー連携
  • 見守り機器連携
  • バイタル連携
  • 電子カルテ連携
  • 医療会計システム連携
  • 服薬管理システム連携
carekarte

対象サービス

介護保険サービス

※全市区町村の介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)にも対応

施設系サービス
  • 介護老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 介護医療院
在宅系サービス
  • 【訪問系】訪問介護
  • 【訪問系】訪問入浴介護
  • 【訪問系】訪問看護 ※医療訪問看護も対応
  • 【訪問系】訪問リハビリテーション
  • 【通所系】通所介護
  • 【通所系】通所リハビリテーション
  • 【短期入所系】短期入所生活介護
  • 【短期入所系】短期入所療養介護
  • 【その他のサービス】居宅介護支援
  • 【その他のサービス】特定施設入居者生活介護
  • 【その他のサービス】福祉用具貸与
  • 【その他のサービス】居宅療養管理指導
地域密着型サービス
  • 【訪問・通所型】小規模多機能型居宅介護
  • 【訪問・通所型】看護小規模多機能型居宅介護
  • 【訪問・通所型】夜間対応型訪問介護
  • 【訪問・通所型】定期巡回、随時対応型訪問介護看護
  • 【認知症対応型】認知症対応型通所介護
  • 【認知症対応型】認知症対応型共同生活介護
  • 【施設・特定施設型】地域密着型特定施設入居者生活介護 (ケアハウス、介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅)
  • 【施設・特定施設型】地域密着型老人福祉施設入居者生活介護

障害福祉サービス

障害者を対象としたサービス
  • 【介護給付】居宅介護
  • 【介護給付】重度訪問介護
  • 【介護給付】同行援護
  • 【介護給付】行動援護
  • 【介護給付】短期入所
  • 【介護給付】療養介護
  • 【介護給付】生活介護
  • 【介護給付】施設入所支援
  • 【訓練等給付】自立訓練
  • 【訓練等給付】就労移行支援
  • 【訓練等給付】就労継続支援A型
  • 【訓練等給付】就労継続支援B型
  • 【訓練等給付】就労定着支援
  • 【訓練等給付】共同生活援助
  • 【地域生活支援】移動支援事業
  • 【相談支援】計画相談支援
  • 【相談支援】地域相談支援
障害児を対象としたサービス
  • 【障害児通所支援】児童発達支援
  • 【障害児通所支援】医療型児童発達支援
  • 【障害児通所支援】放課後等デイサービス
  • 【障害児通所支援】居宅訪問型児童発達支援
  • 【障害児通所支援】保育所等訪問支援
  • 【障害児入所支援】福祉型障害児入所施設
  • 【障害児入所支援】医療型障害児入所施設
  • 【相談支援】障害児相談支援
carekarte

価格形態

carekarte
長く使えば使うほどお得!

5年パックとの比較
当 社
初期費用支払い後は
ランニング費用のみ
他 社
5年毎に
再度買い直しが必要
5年パックとの比較表

carekarte
【初期費用】と【年額保守】
でご利用いただけます。

他社との比較表 ケアコネクト
ジャパン
他社A
(同価格帯)
他社B
(安価ソフト)
記録と請求の連動 ◎ ×
操作性 ◎
制度改正対応 ◎
サポート体制 ◎
情報共有のしやすさ ◎
カスタマイズ ◎ ×
導入体制 ◎ ×

2年目以降は年額保守費用のみで運用可能ですので、長くご利用いただけばいただくだけトータルコストが抑えられます。

価格につきましては、ヒアリングさせていただいた上で、ご案内いたします。
まずはお問い合わせください。

資料をダウンロードする

お問い合わせ

carekarte

導入の流れ

STEP1お問い合わせ / 資料請求

STEP1お問い合わせ / 資料請求

まずはお気軽にお問合せください。資料請求だけでもお待ちしております。
帳票サンプルや過去セミナーの資料を無料でお届けします。

STEP2お見積もり / ヒアリング

STEP2お見積もり / ヒアリング

オンラインで、お客様の課題をヒアリング。
サービスや事業所規模による最適な構成を担当者からご案内いたします。

STEP3システム納品 / 操作トレーニング

STEP3システム納品 / 操作トレーニング

お客様の環境にCAREKARTEを納品します。専任の導入担当者が、システムの導入をサポートします。システムの使い方は、E-learnigで学習。管理者は、職員毎に進捗状況を管理することができます。※Zoomによるリモート操作研修も対応可能です。

STEP3システム納品 / 操作トレーニング

E-learnigには上条百里奈さんが
ナビゲータとして出演!

*上条百里奈(かみじょうゆりな)さん*
現役の介護福祉士として特養・小規模で働きながらモデル・講演・研究などの活動で介護の魅力を発信

STEP4システムサポート / FAQ

STEP4システムサポート / FAQ

必ずつながるコールセンターで、導入後のお客様の疑問をサポート。請求時期は休日もサポート対応。安心して請求業務を行えます。

STEP4システムサポート / FAQ

制度改正情報やバージョンアップ情報は、サポートサイトに掲載。重要な情報は担当者様にメールでご連絡。常にお客様に最新情報をお届けします。

carekarte

導入事例

社会福祉法人八生会 介護老人福祉施設豊田一空園 様

社会福祉法人八生会
介護老人福祉施設豊田一空園 様

記録による残業はほとんど無くなりました

CAREKARTEの導入で、紙で管理していた排泄表、入浴表、健康チェック表、事故ヒヤリのExcelシートは一切無くすことができ、ペーパーレス化をしたのはもちろん、CAREKARTEではどの端末からでもさまざまな職種の記録を共有することができるため、情報共有が円滑になりました。

また、情報共有をした後は記録を他の職種スタッフによって補足することもでき、より内容の濃い記録を残すことが可能になりました。

そのため、CAREKARTE運用開始後は、緊急の欠員などが発生した場合を除き、記録入力による残業がほどんどなくなりました。

社会福祉法人秦ダイヤライフ福祉会 特別養護老人ホーム あざみの里 様

社会福祉法人秦ダイヤライフ福祉会
特別養護老人ホーム あざみの里 様

「利用者さんの横に座って記録する」
ということが、当たり前にできるように。

システム導入前は職員の3分の1は集団処遇が身に沁みついている職員、3分の1は新人職員という状況でした。記録のコンピュータ化に対する反発も多く、記録が証明になるという認識も薄かったのですが、なにより法人の理念である「皆さまを家族の一員と考え、身近で親身なケアサポートを行う」を実現するために、CAREKARTEは『利用者さんの横に座って記録できるシステム』であると判断し導入を決定しました。

特養では、各ユニットに1台ずつiPadを配置し、食事・排泄・入浴等の実施記録はもちろん、ケアプランの実施状況を記録しています。

また、家族とのやりとりや、本人と接するなかで気づいたことなども記録しています。事故・ヒヤリなどが起きた時、もしくは起きないように、日々の記録を活用しています。

CAREKARTEの導入により『利用者さんの横に座って記録する』ことが、当たり前のようにできるようになりました。