Vol. IKAsu IKAsu Vol. TUNAgu

想いに寄り添い、形に変える
ケアコムのナースコールシステム
CICSS-EX5

株式会社ケアコム

CAREKARTEと連携できる機器をご紹介する連携機能シリーズ。
今回は、ケアコムのナースコールシステム『CICSS-EX5(シックス)』をご紹介します。
1955年に創業し、今年67年目を迎えるナースコールメーカーの老舗が現場に支持される理由をお届けします!

 

よりスマートに届き、伝わり、対応できる
スピーディーなケアの実現へ

ゆとりと安全のケアをサポート。
CICSS-EX5はご利用者の状況が素早く把握でき、介護現場の業務を効率化するナースコールシステムです。

ケアカルテと連携することで、これまで生じていた業務のムダを省き、職員さんの負担を軽減。
ケアカルテにコール記録を自動作成し、ナースコール履歴とケアカルテで入力した介護記録を併せて確認することで、コール時の対応を把握、事前対応や予測にご活用いただけます。

 

CiCSS-EX5とケアカルテの連携概要図

CiCSS-EX5とケアカルテの連携概要図

病院のシェアNo.1、製品はもちろんサポート体制も充実している信頼性がケアコムの強み。
今回はケアコムの木村さんに詳しく伺いました。

株式会社ケアコム 木村さん

お話を伺った株式会社ケアコム 木村さん

 

複雑化する介護の現場で
安心とゆとりを提供するために

―まず、ケアカルテと連携できるCICSS-EX5の特徴を教えてください

はい、そもそもナースコールは利用者さんが押すとコールが鳴り、職員さんがそれを見てかけつける、という機能が本質です。
ですが、ご利用者さんの状態や建物の構造や職員さんの配置、使用しているシステムやセンサーも施設によってそれぞれ異なるため、求められることも多岐にわたります。
CICSS-EX5は介護施設で使われるさまざまなシステムとシームレスに連動し、周辺環境に合わせて柔軟に対応できるフルスペックモデルのナースコールシステムとなっています。

ケアカルテをはじめとした施設内のさまざまなセンサーやシステムと連動し、情報を集約

ケアカルテをはじめとした施設内のさまざまなセンサーやシステムと連動し、情報を集約

 

ー製品サイトを拝見しましたが、連携できるシステムの多さに驚きました

連携できるシステムが多ければ多いほど、導入していただくときに施設さまが選択できるシステムの幅が広がるので、今も年に3社ほど連携できるシステムを増やしています。

利用者さんによいケアを提供するためにシステムを入れても、連携ができず通知がバラバラに届いたり、システムごとに利用者さんの登録が必要になると、職員さんのオペレーションは複雑になってしまいます。
そんな複雑化する介護の現場で、利用者さんにも職員さんにも安心とゆとりを提供できるナースコールシステムを目指しています。

システムの組み合わせ例。通知をスマートフォンに集約することで職員さんの負担を軽減

システムの組み合わせ例。通知をスマートフォンに集約することで職員さんの負担を軽減

 

“気づき”が製品づくりのきっかけ
製品化への原動力

ー製品を開発するうえで、重要視していることはありますか

カタログにもコラムという形で載せているのですが、多くの人の経験や知識から得た”気づき”が私たちの製品づくりのきっかけとなり、製品化への原動力になっています。
視点は利用者さんの立場であったり、職員さんの立場であったりさまざまですが、例えば、利用者さんと通話した後にナースコール親機の受話器を置くときの”ガチャン”をどうにかしたい。というお声をきっかけに、受話器の衝突音を防ぐセンサーを開発しました。
小さな事に思えるかもしれませんが「利用者さんも職員さんもストレスになっていたこと」なんですよね。
こういった機能は、ケアをする側、される側のお話を聞くことでしか作れないと考えています。

「ガチャン」の音って、たしかに気になりますよね

「ガチャン」の音って、たしかに気になりますよね

 

ーこういった改善や機能強化の積み重ねが使い勝手につながっているということですね

その通りです。ただ気づくだけではなく、そういった想いを製品としてしっかり形にできることが当社の強みです。
半世紀以上ナースコールを作っていますが「使い続けていただくためにはどうすればよいか」ということを考え続けており、「変化に対応する」ということを一つのキーワードとしています。
時代であったり、環境であったり、職員さんの働き方や利用者さんの状態、そういったものに臨機応変に対応しながら実績をつくり、それが信頼につながり、安心して使い続けていただける製品になると考えています。

スタンダードになっている子機のオレンジ色のコードも、声や息でコールできる子機もケアコムから

スタンダードになっている子機のオレンジ色のコードも、声や息でコールできる子機もケアコムから

“導入後も安心して使っていただけるように品質とサポート体制で安心をサポート

ー「信頼」や「安心」にかかわることで、他にも力を入れていることはありますか?

24時間安定稼働を求められる製品ですので、製品の信頼性とサポート体制の充実に特に力を入れていますね。
まずナースコールを作る企業の責任として、安全・安心に配慮した製品開発に取り組み、さまざまな基準で第三者機関より評価いただいています。

そしてサポート体制についてですが、万が一何かがあったとしても、1秒でも早く本来の業務に復旧させられるよう、24時間365日つながるコールセンターや、リモートで専門の技術者が直接対応するリモートメンテナンスサービスといった保守体制を整えています。
また、システムをより効果的に活用していただくために、運用面でもサポートできるよう無償のフォローアップサービスも行っています。

品質やユニバーサルデザイン、プライバシー保護に関する認定などこれ以外にも多数あります

品質やユニバーサルデザイン、プライバシー保護に関する認定などこれ以外にも多数あります

―これからも信頼性と使いやすさを追求していくということですね

そうですね。これからも介護の現場で使われるシステムはたくさん出てくると思いますので、連携できるシステムを増やしていくことはもちろん、「コールする側」も「される側」も安心して使っていただける製品やサービスの提供を今後も目指していきます。
ナースコールにできることはもっとずっとたくさんありますので。

いかがだったでしょうか。
ケアコムの『CICSS-EX5』はケアカルテと連携することで、コールの頻度やタイミングと日々のケア記録を一覧やグラフで確認ができるようになります。
これにより、入所して日が浅い利用者さんやショートステイの利用者さんの状態の確認や、アセスメントするための情報として活用していただけます。

『CICSS-EX5』の詳細をもっと知りたい方は、以下の動画もぜひご覧いただければと思います。

今回はここまでとなりますが、実際に使われている事業所さまの声もお届けできればと思っていますので、ご期待ください!

 

〈問合せ先〉
株式会社ケアコム
〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目3-3 ザイマックス岩本町ビル1F
Mail:sales@carecom.co.jp

お電話でのご連絡をご希望の場合は、Branch オフィス一覧をご確認ください
https://www.carecom.jp/corporate/network/branch/

Coverage, editing:CareConnectJapan Hiraoka

『月刊ケアカルテ』へのご意見、ご感想をお寄せください