Vol. IKAsu IKAsu Vol. TUNAgu

Pick up Function Vol.12

CAREKARTE機能紹介

職員自身で自由に決める!
『ケアカルテのパスワード設定』

ケアカルテのさまざまな機能を紹介するこちらの特集。
今回は、ログイン画面にある「パスワード変更機能」についてご紹介します!

ケアカルテのログインには、『パスワード』の入力が必要です。
このパスワードはシステム管理者さんが設定しますが、全職員のパスワードを考え設定することは手間がかかる作業ですよね。パスワードを設定しても、職員自身が考え設定していないため忘れてしまう可能性も高くなります。さらに、忘れてしまった時にはシステム管理者から伝え直す時間も発生してしまいます。

ケアカルテの「パスワード変更機能」はそんなお悩みを解消できる、とても便利な機能です。ぜひ最後までご覧くださいませ!

 

パスワードはだれでも変更可能!

ケアカルテのパスワードは、ログイン画面から変更することが可能です。
はじめに、システム管理者が全職員共通の初期のパスワードを設定したあと、職員自身で自由に変更ができるようになっています。

※ケアカルテの仕様上、パスワード設定には一定の規則が設けられています(例:英字・数字を含んだ○文字以上、など)
※職員IDの変更はできません

くわしい変更方法は、動画をご確認ください!


設定したパスワードを忘れたときは?

万が一、職員さんがパスワードを忘れてしまっても、システム管理者が『職員情報一覧』で登録されたパスワードの確認ができるため、ログインができなくなる心配はありません。
安心してご登録ください。

くわしい確認方法は、動画をご確認ください!


今号では、パスワードを変更する機能についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
この機能で、パスワード設定は各職員におまかせして、システム管理者のひと手間を削減してみませんか?

各職員さんにとっては、覚えやすく使いやすいパスワードを設定できるというメリットがあります。
万が一パスワードを忘れたとしても、管理者専用の画面で確認できるところも安心ですね。
職員ごとにパスワードを変更することで、セキュリティの強化も期待できます!
この便利な『パスワード変更機能』を、ぜひご活用ください!

 

Coverage, editing:CareConnectJapan Suzuki

『月刊ケアカルテ』へのご意見、ご感想をお寄せください

最強の記録入力を体験できます! CAREKARTEリモートでものご予約はこちら まずは無料でお試しください!
『ハナスト』のデモンストレーションはこちら